訪問マッサージとは

ご自宅や施設に訪問します

訪問マッサージとは、あん摩マッサージ指圧師(国家資格者)が、医療上マッサージを必要とする症状があり、歩行困難や寝たきり等により通院が難しい方のご自宅や施設へ訪問してマッサージを行なうことを言います。
主治医の同意のもとで行なう医療上必要なマッサージなので、健康保険(療養費)の対象となります。
このマッサージは、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」(昭和22年12月20日 法律 第217号)に則り行われ、厚生労働省の「通知」により運用されています。

●このような症状の方、お気軽にご相談ください
  • 寝たきりの生活により、筋力の低下や関節拘縮(かたくなる)が目立ってきた。
  • 脳卒中の後遺症などで筋肉や関節が硬くなってしまった。
  • 筋肉のこわばりが強く歩行時に関節の痛みが強い。
  • 全身の筋肉が硬く歩きにくい。また、手の震えが気になる。
  • 血流が悪く手足のシビレや痛みがある。また、足のむくみが気になる。
  • 訪問リハビリを受けたいが、介護保険の枠いっぱいで受けられない。

訪問マッサージの内容と効果

患者様の体調や症状に合わせて、あん摩マッサージ指圧師がマッサージをいたします。
マッサージによって症状を緩和し、QOL(生活の質)の向上を目標としています。
訪問マッサージでは次のような効果が見込めます。

  • 拘縮した筋肉と関節の動きをよくする。
  • 血液の流れやリンパの循環をよくする。
  • 痛みをやわらげる。
  • 運動機能を保持、または改善させる。

あん摩マッサージ指圧師について

マッサージを他人に行うためには、主に厚生労働大臣指定の専門学校で3年以上、知識・技能を修得し、卒業後あん摩マッサージ指圧師の国家試験に合格し、免許を取得しなければなりません。
ヘルス鍼灸マッサージセンターでは、スタッフ全員が「あん摩マッサージ指圧師」の免許を取得しており、経験も豊富なスタッフが揃っております。

主に訪問治療の対象となる方

対象となる症状

「一律にその診断名によることなく筋麻痺・関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例」と国から通知されています。
東京都の場合、「筋麻痺」「関節拘縮」「筋力低下」「リンパ浮腫」その他、医療上マッサージを必要とする症状があり、寝たきり・歩行困難の方が対象となります。

*上記の他、多数の症状が対象となりますのでご相談ください。

主な病名

脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)後遺症脊柱管狭窄症
パーキンソン病筋ジストロフィー
関節リウマチ脳性麻痺
変形性関節症骨粗鬆症
廃用症候群頚髄損傷
骨折後遺症その他の難病

対象となる症状

●訪問治療(往療)について

訪問治療の対象となる方は、医療上マッサージを必要とする症状があり、歩行困難・寝たきり等により通院が困難な方に限られます。
通常歩行が可能な方は対象となりませんのでご了承ください。
また、ご利用には医師の同意があったことを証明する「同意書」が必要となります。
同意書は当センターにてご用意しておりますので、お気軽にご連絡ください。

●訪問先について

患家への往療のため、ご自宅や有料老人ホームへ訪問いたします。
なお、病院・デイサービス内は訪問の対象外となりますのでご了承ください。

訪問治療開始までの流れはこちら